金融関連の職種は、色々ありますが、公認会計士は、その中でも非常に有名なものでしょう。
難関国家資格の1つであり、司法試験、司法書士試験などと並び、取得すれば、一定の社会的ステータスを得られると考えられてます。

企業は、定期的に決算を報告しますが、法律上、監査を経る必要があり、その役目が公認会計士が行うことになっています。
公認会計士にも、業界団体があり、職種として活躍するには、そこに登録をし、既存の事務所に所属する人もいれば、独立する人もいます。
中には、企業内部に転職し、会計部門の統括などを行なっている人もいます。
まさに、会計のプロと言えるでしょう。

一説によれば、企業の経営状態は、会計から推察することが可能であり、会計士には、経営の健全化をアドバイスする役目もあるとのことです。
それは、バブル期などに顕著に見られた企業の無理な経営と倒産の関係を是正する意味でも、大きな役割があると言えるでしょう。
しかも、今日の企業には、単に営利を求めるだけでなく、巨大になればなるほど、コンプライアンスが求められ、なおかつ、社会的な責任も伴うと見られています。
そういう意味でも、経営の健全化が重要であり、公認会計士は、お金の面から企業の健全化を図るとされています。
なお、公認会計士の取得方法は、他の資格と同様、通学、通信、独学などがあります。
近年では、インターネットを通じた学習方法であるeラーニングにも、多くの取得希望者が参加しています。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2021金融関連資格は転職に有利!?.All rights reserved.