税金は、あらゆる所で関わるとも言えますが、そうだからこそ、プロフェッショナルが必要なのでしょう。
その典型的なものが、税理士になります。
他の資格に比べ、社会人の希望者が多いことで有名であり、見事税理士に合格し、転職を成功させた人もいます。
独立開業可能な国家資格の1つである、もちろん、金融関連の代表的な資格でもあります。

そうは言っても、税理士資格を得るには、複数科目の合格が必要であり、合格するまでに非常に時間が掛かるようです。
理想は、できるだけ早い段階から試験勉強を開始し、数回に分けて合格することのようです。
科目毎に、合格点以上を取れば、次からその科目を受験する必要がなく、それもまた、人気の理由の1つかもしれません。
また、税理士試験は、大学院相等の学習をしていれば、科目試験免除の制度もあります。
かつては、税理士に関わる大学院を出ていれば、資格取得が可能なようでしたが、その制度自体が廃止され、科目合格留保が創設されたようです。

ところで、先に社会人受験者が、相対的に多いとお話しましたが、それは社会人後の経験が大きく影響しているのかもしれません。
自分の探しの結果、税理士を目指そうと思った人もいるのでしょうが、社会人の方が、税金に身近になることは、当然でもあり、それが税理士になることで、税金に関する興味が大きくなった人もいるのかもしれません。
税金は、時に負担感を生み出しますが、適切に対応すれば、節税という道もあり、社会貢献の意識にもつながるものかもしれません。
そういう正義感を持ちながら、税理士試験に合格し、転職をした人もいるようです。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2021金融関連資格は転職に有利!?.All rights reserved.