資産運用という言葉をお聞きになったことがあるでしょうか?
近年、注目を浴びているものであり、個人の資産も投資などで、運用していこうとの意味もあるようです。
もっと大きく見れば、資産の中には、貯金、保険、不動産なども入り、必ずしも株式や債券などの投資商品のみではないようです。
そんな資産運用に関するプロフェッショナルが、フィナンシャルプランナーです。

個人であれば、生涯賃金と保険などの総資産を検討し、適切な運用をするように、シミュレーションを行います。
そうして、保険料などのコストが高ければ、保険の見直しなどを行ったり、あるいは、投資に使っているお金が、総資産などとアンバランスであれば、分散投資をしたり、あるいは、中断してみるなどのアドバイスを受けるようになります。
こういう資産運用も、かつてであれば、収益を増やす、という意味合いが強かったように思います。
1980年代に財テクという言葉が流行りましたが、景気の良い時は、ますます利益になるようなことをしたいと思うのが、人の気持ちなのかもしれません。
しかし、資産運用には、収益よりも自衛に近い意味合いもあり、要は将来への不安解消のために、資産を増やしておこうとの発想のようです。

フィナンシャルプランナーも、人気資格の1つであり、サラリーマンから転職した人なども数多くいます。
また、独立開業も可能なようですが、近接資格である社会保険労務士や税理士なども取得していると、より独立開業しやすく、もちろん、転職にもアピールするポイントになることができるようです。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2021金融関連資格は転職に有利!?.All rights reserved.