資格を取得する目的に、転職のためというものがあるでしょう。
各転職サイトなどでも、資格取得の特集などがあり、多くの人が自分の目標を達成するために、学習を進めていることと思います。
では、資格取得は、転職に有利に働くのでしょうか?

結論から言えば、それは絶対ではない、ということです。
たとえば、業務独占資格である司法書士などは、司法書士の資格がなければ、土地登記などの業務を営利目的行うことができません。
また、弁護士や弁理士なども、同様と言えるでしょう。
さらに、行政書士などにおいては、名称独占業務と言われ、行政書士の資格がなければ、行政書士を名乗った業務を行うことができません。
このように、その資格がなければ業務のできない業務、あるいは、名乗れない業務などがあり、こういうものであれば、転職の際に、有利に働く場合もあるでしょう。
けれども、基本的に単に資格を有しているからと言って、それで転職が完全に成功する、という保証はまったくないと言えます。

企業の面接の基準は、企業毎で異なり、ある意味、就職面接はスキルとともに人間性を判断すると言われています。
人間性と言っても、色々あるでしょうが、要はその企業にふさわしい人材、ということでしょう。
したがって、資格の有無は、絶対基準とは言えず、企業側の一つの判断基準にしか過ぎないと言えます。
現に、医療事務などでは、各種資格もありますが、有資格者だけが病院などに従事している訳ではありません。
ただし、資格があることは、それなりの知識技術があることを証しているため、取得しても損はないと見られています。
特に未経験職種への就業したいのであれば、アピールポイントの1つになり得るでしょう。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2021金融関連資格は転職に有利!?.All rights reserved.